女性にお勧めしたい「三鷹」……武蔵野市・中央線・東西線沿線エリア

一人暮らしをする場合に覚えておきたい不動産情報の違い

一人暮らしを考えたときに、まず基本になるのが部屋探しでしょう。
部屋探しをする場合に情報を集める必要があります。例えば賃貸住宅情報雑誌やインターネットのサイトです。
いきなり不動産会社に相談に行くかもしれません。
今回は【一人暮らしをする場合に覚えておきたい不動産情報の違いと女性にお勧めしたい
「三鷹」……武蔵野市・中央線・東西線沿線エリア】
についてお話します。
 
  • 賃貸住宅情報誌の部屋情報を見る場合のポイントはコレ!
 
雑誌ということですから製本をしなければなりません。
最終稿から発行までに最低でも1週間はかかるでしょう。タイムラグが生じるということです。
オフ時期ならば、これでもいいかもしれません。しかし、ピークの1月から3月では問題です。
店頭に並んでいるときに物件はすでに売り切れていることが多いでしょう。
 
酷い場合ならば掲載されている物件が全て決まっていることもあります。
冗談みたいですが1月から3月のシーズンはそれほど競争率が高いです。物理的には可能性はゼロではないです。
 
一般的な傾向としては条件の良い物件から決定してゆきます。
雑誌が出ているときに残っているものは2週間経過しても決まらなかった物件と考えていいでしょう。
そして、もうひとつ考えておかなければいけないことがあります。
雑誌には誌面の制限があるから、すべての案件を掲載することができないことです。
それ以外にも不動産会社はあなたが気に入る物件を持っている可能性があります。
 
見逃してしまうかもしれないリスクもあります。
雑誌のメリットと言えば携帯できることかもしれません。
しかし、今はiPhoneやAndroid携帯などのスマートフォンや携帯でも物件情報は閲覧できます。
街中にフリーで配布されているフリーペーパーにも物件が掲載されています。
でも、実際に問合せても残っている物件はほとんどありません。
こちらのほうは月刊誌だから余計に仕方がないのでしょう。
 
  • インターネットで部屋情報を見る場合のポイントはこちら!
 
雑誌の情報はどうしても製本があるから時間がかかります。
インターネットはどうでしょうか?コンテンツを差し替えてアップロードすればいいので、
雑誌よりはスピード感があります。
最新の情報を入手できると思いがちです。
そして、希望する条件を入力すれば検索できる便利さがあります。これは雑誌にはないことです。
 
しかしながら、インターネットの不動産情報サイトにもマイナス面があります。
それは古い情報もメンテナンスしなければ残り続けることです。
それを不動産会社が意図的にやっていることもあります。選択できる物件がたくさんあると見せかけるのです。
一般的に言われているのは「おとり物件」です。
問合せをすると「そちらのほうは成約済みです……こちらのほうではいかがでしたでしょうか?」
と代案を提案されるのです。
おとり物件を見分ける方法はありません。
 
こんな風に書いてしまうと不動産会社は怖いなぁ!と不安に感じるかもしれません。
まずは、問合せするといいです。電話ではなくてメールで大丈夫です。
これがインターネットの強味です。この問合せの対応でだいたいお店の接客スタンスは予想できます。
「一度来店してください」と強引な感じで迫ってくる不動産会社は危険ですから利用しないようにしましょう。
店頭でも強引な商売をしてくるに違いありません。
 
悪質な不動産会社は基本的に契約をとることしか考えていません。
電話の問いあわせがあったら、必ず店頭に誘導しなさいと教育が徹底されているのが不動産業界です。
 
店頭に行く場合でも、即入居ができるのかとか、部屋の中を見られるのかを確認しておくべきです。
空き予定の文字を見過ごさないようにしましょう。
それを見逃していて店頭に行ったら「あの物件は流動的ですが、こちらなら即入居できますよ」
と別の物件をセールスしてきます。
基本的にはインターネットで部屋を検索して調べて、
不動産会社に電話で状況を確認して実際に見に行くという流れを意識しておけばいいでしょう。


ルームシェア 物件 東京

フリーター 一人暮らし

東京 格安賃貸

都内 賃貸 安い